カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Watanabe , Tatsuhiro - Fairy Tales -for Percussion Trio- (スコア・パート譜セット)

渡邉 達弘 - フェアリー テイルズ (スコア・パート譜セット)
楽譜 Keyboard Ensemble > 3人

Watanabe , Tatsuhiro - Fairy Tales -for Percussion Trio- (スコア・パート譜セット)

価格:

3,700円 (本体 3,426円、税 274円)

購入数:

在庫

1冊

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

使用楽器
Player 1 : Vibraphone
Player 2 : Marimba C28-C76 (4oct.)
Player 3 : Marimba F21-C76 (4-1/2oct.)

演奏時間 : 約10分
スコア・パート譜あり
出版社のページからサンプル音源を聴く


この曲は妖精を題材に2,009年頃に作曲をはじめ、12年6月に完成させたMar. とVib. のための組曲である。
妖精達が宴会を開いていたとき突然現れた人間に驚き逃げたのだが、1つのガラス杯が残された。そしてある妖精が「この杯を割ったりしたら、『イーデンホールの幸運』とはおさらばさ!」と言ったことで、人々はそのガラス杯を今でも大切に守っている。という話から作曲した1楽章。
森が湖に出会う岸辺で、踏みならされて草が円を描く場所を見つける。エルフの輪。それはエルフたちが踊った痕跡であり、危険な場所。そこに踏み進むかそこにあるものを取り壊せば、病を得る。そんな話から作曲した2楽章。
『イーデンホールの幸運』の伝説をヒントに、それを日本版に置き換えたらどうなるだろうと考えたら、座敷童 (ざしきわらわ・ざしきわらし) が大慌てで駆けずり回っている様子がイメージされた。そこで、三味線音楽・箏曲・祭り囃子からヒントを得て作曲したのが3楽章。
ろくに読書をしない不勉強の作者が、純粋に伝説やエピソードに触れて想像・想像した音楽です。妖精さんにも聴いて頂けますように。

2013年 3月 渡邉 達弘
http://bob.suki-ari.net

ページトップへ